2010年04月06日

市町村への権限移譲、26%どまり=府省庁回答−地域主権戦略会議(時事通信)

 政府は31日、地域主権戦略会議(議長・鳩山由紀夫首相)を首相官邸で開き、自公政権下で設置された地方分権改革推進委員会(委員長・丹羽宇一郎伊藤忠商事会長)が都道府県から市町村に権限を移譲するよう法改正すべきだと勧告した384事務に対する各府省庁の回答状況を明らかにした。「勧告通り見直す」「一部見直す」とした回答は99事務で全体の26%にとどまった。都道府県・政令市が持つ公立小・中学校教職員の人事権を中核市(30万人以上)にも認めることなど残りの285項目(74%)は「移譲困難」とし、理由として「市町村の事務処理体制が整っていない」ことなどを挙げている。
 鳩山内閣は、都道府県から市町村への権限移譲について、6月にまとめる「地域主権戦略大綱」に具体的な内容を盛り込んだ上で、来年の通常国会に関連法案を提出する方針。しかし、国から地方への権限移譲を含めて府省庁の抵抗は強く、政権公約である「地域主権」の実現を危ぶむ声も出始めた。 

【関連ニュース】
参院選公約に「国民の声」反映=4月からタウンミーティング
地方分権改革、早急実現を=最終会合で政府にクギ
来月の政労トップ会談で調整
主要検討項目に担当主査=地域戦略大綱、6月策定へ
補助金、4種類に分類=一括交付金化の検討で

<与謝野氏>新党結成、月内にも 平沼氏との連携視野(毎日新聞)
参院茨城に競輪銀メダリスト=小沢氏が候補差し替え−民主(時事通信)
ドライブレコーダー 全都営バスに導入へ(産経新聞)
<参院選>「小沢ガールズ」再び 新人27人中、女性13人(毎日新聞)
原中氏当選、民主は歓迎=自民、参院選への影響懸念−日医会長選(時事通信)
posted by マキ マサオ at 13:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。